日記

日記です

西瓜大好き

「君はあまり彫刻を彫るのは好きじゃないみたいだから、小説を書いてみたら?ここで最後に小説が書かれたのは30年も前みたいだし」 みたいなセリフが、正確ではないけどこんな内容のセリフが、リチャード・ブローティガンの「西瓜糖の日々」に出てくるので、…

スクエアかヒップか

ヒップの話す言葉はスクエアには通じないため、ヒップは少し生きづらく、そのため少々人間不信にもなりやすいとか。 ちなみにヒップとは必ずしも“麻薬の厄介”になったりすることではなく、自分自身になるということなんだって。 それでも社会は基本的にはス…

散歩と雑学

植草甚一の「ぼくは散歩と雑学が好き」は分厚くて当分読み終わりそうにない、さらに最近はタイプの違う本を同時進行で読むなんていうのも習慣化してきたので、ただでさえ本を読むのが遅いのにますます分厚い本なんて時間がかかってしょうがない、そんなだか…

文学イタ電

おはようございます。 天気の良いさわやかな日曜の朝ですね。私は早起きをして朝食を済ませシーツを洗って干しました。洗濯日和のきもちのいい朝です。 さて、昨日「ライ麦畑でつかまえて」(野崎孝訳)を読み終わりました。2年くらい前にも村上春樹訳の「キ…

すきにーびっち

母の本棚でみつけた。 おかあさん、スキニービッチになりたかったのかよ。暇だったから読んでみたんだけど、おもしろかったよ。 ざっと目を通しただけだけど、書いている人はベジタリアン(のさらに上をいくヴィーガン)なので、肉は必要ないっていうのと、…

路上

ジャック・ケルアックの「路上」やっと9割ほど読みました。 高校生の頃、ジョニー・デップが好きだったときに、影響を受けた本、とどこかで知って、それ以来気にはなっていたのですが、地元の田舎町ではみつけられなかった。 大学生になって、たしかヴィレヴ…