日記

日記です

なんなんだよ

今日は営業インストラクターが来て営業を教えてくれるみたいなかんじなんだけど、私が掴まった。

私が営業成績わるいからかもしれないけど、昨日の段階ではその担当の中年男性がインストラクターから指導をいてだく、そしてそれを私たちに教える、みたいな話だったのに、
ていうかそもそも、店舗の成績が上がらないからインストラクターに指導をしてもらおう、って言った女上司が直々に教えてもらえばいいのに、そういう後で私たちに指導を下ろさなきゃいけない、みたいな責任が発生することは嫌なのな。

だから手堅く中年男性社員が選ばれたはずだったんだけど、営業インストラクターは見るからに、多分悪い意味じゃなく女が好きなんだよな。

だからホントは私以外に若くてさらに可愛い子がいたらそいつにロックオンしたんだろーけど、仕方ないから店舗ので一番マシな私に白羽の矢が。


お陰で今日は多分もーだめだ。

早く終わるのとか問題なく一日をやり過ごすとかだめだ。

こんな忙しい上にインストラクターに捕まって人手が足りなくて、さらにインストラクターは顧客開拓までしはじめてるし、もーひっかきまわして大変。


なんか、

こういうやつが営業できるんだよな。


あー、いま忙しそうだな、声かけちゃ迷惑かな…とかそういう考え無いやつが営業いいのな。



仕事やめよう
私ちゃんとしなきゃ、ちゃんと仕事やめなきゃ


だめだ。



追記
インストラクターさんに「今年度契約取れた?」と聞かれ、
「あー1件だけなんとか、あはははははははは」って笑ったら、彼は笑ってませんでした。笑
しかも月曜日も来ることになり、彼が訪問営業へ行くのに同行することになり、私の管理する顧客リストの中で訪問したい人がいたら付き添ってあげるから見繕っておくようにとの通達までありました。

ほんと毎日が8時間小中学校の体育の時間だな、としみじみ思います。


しかし、ここでインストラクターさんの前で、うっかり営業に対する卑屈な態度や無関心さがでてしまうと批判の余地を与えてしまうので、謙虚にしなくちゃ。