読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記です

楽しくない食事

1月の終わり頃、不本意な食事にでかけることになった。

突然ラインで、DVDを返すから、借りっぱなしで悪いから飯奢るしそっちまで行くよ、という内容のものが入ったため、半年以上貸しっぱなしで、たしかにDVDは返してほしかったので出かけることにした。

でもあまり気乗りしなかったので、できれば着払いでもいいから郵送してほしいとか思った。けど、せっかく奢るとまで言ってるんだし、断ったら気を悪くするかなと思っておとなしく誘いに乗ることにした。

 

だけど、感謝したくないからもちろん奢ってもらうつもりはなかった。

 

幸いにもその週はずっと胃が痛かったので、久しぶりに会っても胃がいたいというのを言い訳にテンションを上げなくてもよかったので助かった。正直さっさとやっつけたい面倒な行事でしかなかった。

 

で、ラインで会う日とかいろいろ決めてたときに引っ越したという話を聞いていたので、それだけですぐにいろんなことがピンときてたんだけど、

おそらく(希望通りの職場に)転職したんだろうなとか、だから、過去に暴言を吐いた(それもラインと言うツールを頼って暴言を吐いた)私にも会えるんだなあ、と思っていたので、会った時すかさず

 

「転職したの?」と聞いてみた。

 

だって、見えるもん。

食事をしながら、じゅうぶんに時間の尺が与えられていることを確認してから、その転職の成功という自分自身の軌道に乗り始めた人生の一部始終を話して聞かせたいんでしょう。

 

だから会ってすぐ、店に入るまでのほんの短時間の間にその話を終わらせようと思って。道路から店へと場所が変わっちゃったら話題も変えざるを得ないもんね。

 

そしたら、うん、まあまあ、それはおいおい・・・という歯切れの悪い返事が帰って来たので、二度とそのその質問はしてやらないことに決めた。

正直私もとくに話すことなんてなかったので、会社で培った上澄みの会話スキルを存分に生かして、出てきた食事についての話とか、天気の話とか、目の前にあるいろいろな(どうでもいい)ものたちについて、一定のペースでぽつりぽつり話し続けた。

よく間ができたけど、向こうからは“話したいこと”を話す気配もないし、第一自分から誘ったんだから率先して会話して盛り上げようくらいのやる気だしてもいいんじゃない?誘われてついてきただけの私が会話に対して受け身なのはわかるけど、私が彼の“話したいこと”について質問してくるのを待っていたのかな。

 

で、彼が話したことと言えば新しい会社の研修で海外に行くという話くらいで、私はそれを聞いて「楽しみだねえ~」とにこにこ受け答えもしたので、私は100点の振る舞いをしたと思ってるよ。

 

そしてやっと食べ終わったので「よし、そろそろ帰ろっか!」と言ってお会計を済ませ、しきりに奢る奢るという彼の言葉を振り切って、私は無理矢理きちんと自分の分は出して、だって最初会った時に(ずっと借りっぱなしだったDVDのお礼?)ゴディバのチョコレートをもらってたからとにかく絶対に奢らせるわけにはいかなかったのです。

で、駅まで行って「じゃあ気を付けてね!」と送りだしたところ、前に暴言を吐いたことを謝られた。「自分でも何であんなこと言ったのか・・・」とか付け加えてた。だから「あ~気にしないで」と言って帰った。

 

私もラインが来た時点で謝罪の意味も込めた食事(を奢る)なんだろうなと思ってたし、同時に、謝罪ってべつに私に何か許してほしいわけじゃなくて、単に自分がすっきりしたいだけで、自分の中でリセットしたいがための謝罪なんだろうな~とか会う前から思ってた。

で、そんな考えが瞬時に浮かぶなんて、私の性格が相当ひん曲がってんのかな、とか思ってたんだけど、M子に会ったときにこの話をしたら、すぐに「あ~はいはい、自分がすっきりしたいんでしょ?」と、私がそれを言う前から同じ反応だったので安心した。

 

自分がすっきりして、さらに言わせてもらえば、これからの(希望の職業という)光の道に、過去の穢れを落とした状態で、まっさらな自分で歩き出したいのね。

自分は人にひどい暴言を吐くような、そんな人間じゃない。悔い改め真っ白な自分で光の道を、本当の人生を歩み出す。そして、その真っ白な自分こそが、それが本当の自分。

 

でも暴言を吐かれた私の中では、それが彼の最終学歴なんだけどね。

あとで謝罪やお高いチョコレートをよこしても、それは付属の資格取得みたいなもんで、最終学歴は、“○月×日こういう暴言を吐いた人”としての登録内容に変わりはない。

そして謝罪も一体何に対してなのか、ひどいことを言って傷つけたことを謝りたいのか、それとも自分の言ったこと自体が間違っていた、と考えを改めたと言いたいのか、まるでわからない。というかきっとそこは無いんだと思うけど。何が、とか何に対して、とか無くて、私の反応がどうであれ、謝罪したという事実が残ればいいのだから。

そしてM子と私でさらに一致したのが、

例えば勢いで出ちゃった言葉であれ、後であれは間違いだったと訂正したのであれ、口からその言葉が出るってことは、多少は本心なんだよ。

 

 

 

追記

謝られた、謝罪、とか書いてるけど、そういえば「ごめんなさい」とか「悪かったと思ってる」とは言われてないので厳密には謝罪はなかった。