日記

日記です

乞食

展示会でひっそり置いといた「顔のない乞食のお話」は、読んだ人みんなに、悲しい、とにかく乞食が可哀相と言われまくりましたが、なんと最終日に某人が訪ねてくるという奇跡が起きたので、あのお話も少しは晴れやかな終わりを作れそうな気がします。

 

グループ展は最終日に奇跡がおきがち。

来てくれたみんなありがとう。Mちゃんからもらったお花は持ち帰ってこれから我が家で育てます。