日記

日記です

人の細胞は1年で入れ替わるとか

ここ2,3年の私、というか私を取り巻く環境はどうかしてる。

毎年アップデートされてる。

パソコンはある日インストールしまくられてクラッシュすることがあるけど、まさか私も実はクラッシュしてしまったんだろうか。

 

スパルタローカルズの“悲しい耳鳴り”は1番よく聴いたアルバムでした

と答えていた人がいた。

それを聞くまで私はこのバンドのこともアルバムのことも知らなかったんだけど、先月末、突発性難聴を診断されたので、せっかくなので突発性難聴をキラキラ変換させてみたい。(キラキラ変換とは久保能町ラジオで、つらいことや下世話なことを違う言い方にしてキラキラしたポジティブな響きにするコーナーです 例えば、性的に興奮するという趣旨の下ネタがほぼ“風立ちぬ”に変換された投稿多数の時期がありました。)

 

突発性難聴 キラキラ変換すると?

「悲しい耳鳴り」

 

時々ぼわーっとした耳鳴りが起きますので。

 

突発性難聴って、なんかアーティストみたい。笑

私の場合は、かもしれないけど、この言葉の響きほどの難病感はあまりない。最近は全く耳の不快感もなくときどきくぐもったりすることはあるけど週に1日とかその程度。

 

で、なんとなく、こういう原因不明系の病気?になったのは生まれて初めてなもので、無理矢理こいつに背中を押させてみることにした。

 

でも、思えば3年前から始まっていたかもしれない、こうして理想の町に引っ越したのも、ずっと考えていた矯正を始めたのも今のうちにと思ってた。身辺整理みたいな。

それと、一人でライブに行ったりクラブに行ってみたり、行きたい、やりたい、って思ったことはやる、っていう脳のシステムに改造するのも意図的にやっていたようにも思う。それが無かったら、引っ越しもグループ展も絵本作りも手を出せてなかった。

 

人の細胞は1年で入れ替わるんだとか。

だから私の体には去年の細胞は残っていないことになる。

変わらずあるのは記憶だけで、体は実は別人なんだ。

 

私も更新されてる。できればアップデートで新規機能追加で不具合改善がいいな。

それともこの決断はとうとうクラッシュしただけなんだろうか。

 

一人でライブに行ったり、引っ越ししたり、ギャラリー借りて展示会やったり、そんなのと大きく変わらない、大丈夫。

はじめれば勝手に進んでく、みんなやってることだし大丈夫。

 

諸行無常なんだ、流れるのが基本、流れるのが普通、ひとつの場所にずっと留まっている方が珍しいんだ。

あ、また悲しい耳鳴りがしてきたぞ。