日記

日記です

春の嵐

風がすごい、嵐の夜だ。

 

昨日マグカップでほうじ茶を飲んでいたら茶柱が立っていたのでこりゃめでたいと思い、やっぱり明日絶対言おうと確信した。

 

で、湿気蒸しかえる今日。

言っただけ、なのでこれはリスタートでも転機でも、前進でもないけれど、決心できてよかった、いい決断をしたと思っているのでせっかくだから何かお祝いをしたいと思い、せっかくなのだからお酒っていうのもなんだなあ、ということで、お花屋さんに寄って帰ることにした。

 

まず目に留まったのはガーベラだったけど、なんとなく気分は限りなく透明に近いブルー、(だからこそ“お祝い”が必要なんだ)ということで、青い花デルフィニウムを買った。

 

占い感覚で花言葉を調べてみた。

 

清明

 

とのこと。

清明、なんだかよさげな言葉だが意味が分からないので調べる。

 

意味は字のごとく、清く明らかなこと、だそう。

もともと、二十四節気の一つで、4月5日か6日に始まり、穀雨(4月の20日か21日)前日までの間の、すがすがしい東南の風が吹く時期をそう名付けたそうな。

 

4月20日、まさに今日じゃないか。(今日は既に穀雨の時期に入っていますが)

それに今日は、前の上司の送別会からちょうど1か月で、それは私がかなり真剣に今日を考え始めるきっかけとなった日だった。

 

清明

 

今後人事の人と面談なんかもあるけど、清く明らかな決断はすがすがしい東南の風が吹いてるから絶対に揺らがない。揺らがないぞ。

 

デルフィニウムが好きな花になった。

 

 

 

穀雨も作物の成長を助ける雨のようです。

もうなんでもいい意味にとらえるぞ。