読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記です

言ってない

いつでも帰れる状況なんだけど、例年通りお盆時期とずらして帰省、理由も例年通りお盆時期は休みが取れないということで。

 

そんなわけで言うべきことを親に言っていない。会社辞めましたって言っていない。

次の仕事がきまってから言うと周りの人に言うと、ときどき驚かれる。

「言ったらヤバいことになる」と言うが、「もう大人なんだから大丈夫だよ」と笑って言われる。

が、いままで生きてて、いろんな友達に「そんなことで怒らないよ」「言えば分ってくれるよ」「たいしたことないよ、心配しすぎだよ」と言われ、参考にして親に要望や、打ち明けをすると本当にとんでもないめに遭って後悔の連続だった。

 

実家に帰った時、気が向いたら辞めたってこといおうかなと思ったけど、まさか、この年齢で娘が、

「お父さん、お母さん、話があるの」と言った場合、

結婚か・・・?ついに娘も結婚か・・・!!!!とドキドキさせた挙句、その内容が要約すると「会社を辞めたけど地元に帰るつもりはないし、結婚の予定も全くない、老後の世話をこなせるかは目下不明で、この先の人生も現時点では不明」

という通告をするなんてできなかった。

 

それに改めて地元の風景を見て、あんな過疎の町の廃墟みたいな家々の、文明の残りっかすを食いつぶして最期を待つ人たちに、今さら私が転職活動をしていて、いまさら何か人生の大きな部分を動かそうとしているなんてこと、まるで想像つかないし、理解なんてできないんじゃないか。てん・・・しょ・・・?てん・・てんしょく・・・?はて?ってなるんじゃないか。初めて口にする言葉でなじまないと思う。

 

ああ、にしても、私の人生ってだいぶ前に終わってるのに、まだ生活は続く。