読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記です

今日の出来事

新宿の画廊でやってる演劇を見に行こうと提案され(なんてクレバーな案)歯医者を済ました後早めに新宿に行く。
年を取ったからか伊勢丹がサイコーに楽しい。
今度出るらしいの臨時賞与はツモリチサトのサンダルに捧げようと決意する。
日常的にゼイタクがしたいなぁと思う。

画廊を目指している途中、花園神社で縁日を発見。同時にラインにも同様の情報が届く。
縁日で焼き鳥とビールで一杯やりながらみんなを待つ。

画廊では体感型といっていいような狭い空間で演者と私たちの境目が曖昧な演劇を見る。
こういう演劇はこういうシンピ的なテーマでゲイジュツ的に進行するのだろうということは予測していた。

客なのに見られていることを意識しながら演劇を見る。

私は背筋を伸ばしながら、この劇団の内々でセックスとか盛んなんだろうかなどと考えていた。
演劇論を戦わした後に枠に囚われないフリーセックスをしていそうだ、という考えはもう古いのだろうか。

昔SATCで「24時間なにも食べず眠らない女がいるというので見に行った」と、主人公が美術館で芸術家の女が眠らず食べず白い衣服で部屋のような場所にいる展示を観ていた。
なので画廊で絵でもオブジェでもない展示を観れたのはよかった。


友人兄が劇団側スタッフと親しげに別れる。
私は勝手に友人兄は作家受けがいいと思っている。よく作家さんに自分の描いた絵がリツイートされたりしているし、一緒になんかやりましょうなんて言われたりしている。


行こう行こうと言っていた蕎麦屋が中休み。実は今日の目的は映画を観に行く予定であったがだるくなったし蕎麦を優先したいと思い映画はやめた。

邪道でジャンクな蕎麦で胃を疲弊させたが満足した。Tちゃん以外本日二杯目のビールを飲んだ。

実は演劇は投げ銭制だったと知り投げ銭をしに戻る。

兄オススメの猫のいる純喫茶へ行く。猫カフェではなく喫茶店に人馴れした猫がいるというのが良い。
犬派の私は珈琲一杯380円というのが魅力だった。
猫つながりかレオナールフジタの絵が多かった。

花園神社へ戻り夜の縁日も堪能。
なんだかんだ最高の5月だったように思った。それから夏の幕開けが幸先いいんじゃないかなどと、本日三杯目のビールのおかげか祭りの活気のせいか浮かれたことを思った。

2時台には寝ようと思っていたもののなんとなく最近読み返してた東京ガールズブラボーが途中だったので結局読む。BGMはスカート。

今日の日記の文面が変にカタカナなのは東京ガールズブラボーの影響。

漫画のセリフの中にphewが出てくる。
二ヶ月ほど前に下北沢のライブハウスで観たのだったが、このページをちゃんと記憶していたらもっと楽しめたのに。
目当てのバンドの次に目当ての人だった。
好きなものがこうして繋がりを見せるシュンカンってたまんない。


東京ガールズブラボーを読み終えうるうるした。
やっぱ夜中にだらだら起きて音楽聴いて漫画読むってサイコーだ。