日記

日記です

スカイフィッシュ

www.youtube.com

 

歌詞を考察するの好きなんだけど、この人気AV女優の歌う歌詞は、童貞目線で、童貞の「彼女たちは手の届かない遠い存在なんだ」という思いを歌詞にしたらしい。

 

らしいんだけど、私はそう受け取れなかった。

 

だって、童貞にとっての遠い存在のもどかしさみたいなものをもっとわかりやすく表すなら、

“私”と“キミ”よりも、

“あの子”と“ぼく”の方がしっくりくる。

 

あの子はスカイフィッシュで、ぼくのことを目で追わない。

みたいな。

女の子のアイドルの歌詞に“ぼく”って珍しくないし。

 

それに前半(Aメロ?)の歌詞は画面を通じてのある程度距離のある関係だけど、後半(Bメロ?)の歌詞はぐっと距離が近くなってる気がする。

前半はお互いに知り得ない状態、知り合わない前提だけど、後半は

「君のこと気になっちゃう理由なんてない」

“キミ”を認識したうえで、“興味ない”になってると思うんだよね。

楽曲提供がインディーズバンド。

“私”を“俺”に変えてこの曲を本人たちにぜひ歌ってほしい。

 

 

MVも可愛いし曲もいいし歌詞も好きです。