読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記です

ほうれい線はチャームポイントになるのか?

顎の奥行きが無く頭も小さいせいで顔の肉が余りやすくデブでもないのに二重あごになりやすく鼻も低く全体の骨組みが小さいために標準サイズの肉のテントはすぐにたわんでしまってほうれい線ができる。

しかし人は、同じものでも自分が魅力だとおもっていればそれはチャームポイントになり、欠点だと思えばそれは欠点として人の目に映るらしい。

どんな顔面の欠点もチャームポイントだと、強靭な精神力で思い込むことが大事。

イメージするんだ。イマジン。

 

小学生の頃にアイプチでテコ入れした目は、高校生になる頃には定着した。

就職してしばらくして、つるつるのお肌を手に入れるべく脱毛を開始。

ずっと気になっていた歯並びも直した。

これで容姿の欠点をできるだけお金と時間をかけてカバーした。

と、思ったら、あっという間に年齢が私に追いついて、そして追い越して行った。

 

ボロ家をやっとそれなりに建て直したら、いつのまにか私の住む村は廃村になっていたのだ。

不条理でシュルレアリズム。

設定だけなら芸術的。

カフカブニュエルはこの身の上話を面白いと思ってくれるかな。

確かカフカは「変身」を、ところどころ吹き出しながら朗読してたってネットで読んだし。