日記

日記です

猫の死体を見つけるのは雨の朝

猫の死体って何で雨の朝にみつけるんだろう。
服の好みと人の好みの親和性
チケットの半券は右ポケットにあるけど自分は通行人Aでありまたは客Cであり列F23であることを忘れてはいけない

恥ずかしいと思う時というのはエキストラであるにも関わらず主役級の気負いをもっていたと気づいたときである。いや正確には気負いに関わらず自分はエキストラだったと気づいたとき、主役と勘違いしていたと気づいたときである。

サブカルという言葉はいつの間にかマイナスの意味がまとわりつくようになったと思うが、最近やたらと「ああ、ここはサブカルの場所だったんすね、ああ~サブカルか、ああそうなのかー」と若干嫌そうに受け取れる言い方をしている人に、じゃあ私がサブカルだとしたらあなたはなに系のひとなのかと問うたら適当にはぐらかされたのだが、他人のことは定義付けしても自分はなに系でもない、超オリジナルなどこにもぞくさないオンリーワンとでもいいたいのか、私はなに系ですと宣言するのは避けるのだった。もちろん私だって私はなに系ですなんて言いたくない。それと同じように他人にもなに系だ、なんてくくられるのは嫌なものなのだ、ということくらいいい大人なら分かっていてほしい。

というか不特定多数の知らない人に対して不快感を与えない程度の発言のチョイスはやっぱり若い人の方が上手な気がする。

私の方がきっと下手なんだろうなと考えると年を取って賢くなる、わけではないなと思ったりする。