読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記です

でもそれ全然いいじゃん

「でもたまに、その幸せのハードルについて、暗に低さを指摘してくるような作品に出会ってしまうわけだ。そういう作品は、自分の楽しさや幸せさを発揮するような形ではなく、むしろ不幸そうな顔をしてやってきます」


最近N町さんのTwitterを見ていたら、とある話題の本について、私はぜんぜんだめだった、世間の言うような感動とか共感はなかった、というようなことを書いていた。その時点で本のタイトルは伏せていたが、後にやはりこの本だったか、と明らかになる。

そして、冒頭に書いた一文はN町さんの、その本に絡むツイートである。


その本を読んではいないがタイトルもインパクトはあるし、そのタイトル通りの"悩み""障害"を乗り越えた夫婦の話のはずである。

たしか某人気バンド(ヒットチャートに乗る系ではない)のある曲は、この話を元に作られたときいたことがある。


で、私がN町さんのツイートを冒頭に引用したのは、もちろん私も本を読んだらN町さん的考えがよぎるタイプだろうと思うから。


本を読まず憶測だけで書くけど、夫婦間に端から聞けば笑ってしまうかもしれない障害があり、確かに深刻でもある。
時間がたてば折り合いをつけて、こんなことはとるにならない"障害"だったと笑えるのかもしれない。だけど、この辺の性にまつわる悩みというのは、なぜだか人格の根幹と関わるような気さえしてしまうので、自ずと悩みは暗く深いものとなるのだろう。


だけど、これはある夫婦の悩みなのだ。
愛し愛される二人がいて、初めて生じる悩みなのだ。
愛し愛される、許容され、容認、承認されるべき存在であることをお互いに十分すぎるほど完全に認知し合っている二人の話なのだ。
そこに(たいていは)条件とかしかるべき理由とかはない。
血の繋がりのない他人同士が、お互いのこれまでの人生を含むその人そのものを、無条件に受け入れ合い、全肯定しているのだ。

この本は、それをクリアした人たちの話。
自分が無条件に全肯定されるに足る人だということに、否定や疑念の気持ちを持たない。

この否定や疑念の気持ちを持たない、にはあまり努力とか"生き方"は関係ない。と、思う。持ち前の肯定感の量の違いのような気がする。

そうすると、聞いてもいないことに気づかされたような気がして、暗い気持ちになるのだ。
今日までに積み上げた、何度も積み上げ直した肯定感が、彼らの笑い声の振動という微力によってまた崩れる。
そしてやっと積み上げたと思っていた石の山がただの段だったと知る。知らされる。

簡単に言えば、何で私はこんな低い段を作って喜んでたんだろう。である。


と、おそらく、この話題の本はそういう読後感をもたらすのではないかと思っている。

だから世間は感動するし、勇気をもらう。
なぜならこの夫婦と同じかそれ以上のレベル(とは?)にいるから。

そして私は、その段階にすらいないので、親身になって感動することは出来ないのだ。

これが完全に創作のストーリーだと別なんだけどね。物語として感動できると思う多分。

以上。



だからジブリが好きなんだよな。
この前段階の、自分が積み上げた石の"段"が尊いものなんだよ。と教えてくれるから。そうだそうだよ
、忘れないでね、って気持ちになる。