読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記です

BARというところ

バーテンダーがシャカシャカやって高いお酒を出して、酒と雰囲気と良い時間をじっくり味わう。

ていうのとはまた違うタイプのバーがそういえば存在する。

それを特に深く考えずに、おじさんとかじゃなく、まだおじさんじゃない若めの人が(かつ酒好きで交流好きの社交的な人が)集まるバーだ、という程度の認識でいたけど、しっかりと用途、目的があるのだなというのは発見だった。

 

高校時代、映画が好きでよくレンタルして観ていたんだけど、映画に限らずだが、そもそも映画を作る監督や脚本家っていうのは“そういう人”だから、やっぱり映画に出てくる人々や取り扱うテーマや場所も、“そういう”テーマ、“そういう”場所になりやすい。

私にとっては映画の世界、つまり業界って意味じゃなく“映画の中”というのは、“そういう”人々が出てきて“そういう”場所に集まることだった。

創作が好きな創作に携わる人が出向く場所っていうのがあって、そこで知り合う人ってのがいて、そういう人のつながりで行く場所ってのがある。

そういうのを目の当たりにすると「映画みたい」って思ってきた。案外いい大人になった今でもそう。

 

だから、“そういう”物を観に行って、“そういう”ことをしている人が、この後近くの友達の店でみんなで飲むんだけどよかったら、と言われて好奇心が刺激されないわけがない。

瞬時に脳があれこれ計算して「行く」という結論を弾いた。

計算の内訳は以下の通り

別世界の輪の中で浮かないかという心配と、NNO(なぜか/飲み会にいる/女)にはなりたくない・・・という懸念と“そういう”への好奇心(と少なからずのミーハー心)。

 

11時も過ぎたころ、続々と人が集まる。ライブハウスとラブホテルのある界隈の地下2階。

なるほど、と思った。

“そういう”ことをしている男性が始めたバーで、ここに誘ってくれた人も“そういう”人で、彼らの経験上かもしれないが、こういう同業の人がライブやなんかを終えた時にでも使ってもらおうという“そういう”場所なのだ。

友達の店、知り合いの店、そういう人の店。

だからおのずと“そういう”人が集う。業界人が集まるとか、若手の何々が集まるとか、そういう場所ってそういう風にできているのか。

 

それに確かに、普通のお客さんに開かれた、むしろ私たちにしてみれば私たちのために開かれた(だってこんなにも楽しんでいるんだし)この催し物も、何かと“そういう”人が、お仕事やお付き合いで観に来ていて、ある程度話が盛り上がったりしたら、意気投合した結果のご縁みたいな感じで人脈なり仕事なりに繋がる可能性もあるわけで、そういう時の、わざわざかしこまって席について会談するほどではないけれど、ここの立ち話よりかは落ち着いて話せる場所が必要なわけで。

 

だから、ってわけじゃないけど、わりと座ったりできるバースペースが併設された会場って多い。もちろん酒代である程度稼いで運営を続けていかないと、という店側の事情もあるのだろうけど。

 

しかしながら、イベントってものが、お客様のために開かれたものであると同時に同業者の社交界も兼ねていると気付いたのは今日が初めてじゃない。

小さなクラブかなんかで社交界を垣間見た時、映画みたいという華やぐ気持ちと少しの疎外感も感じた。

利害関係のある、利益をお互い産み出し合う可能性のある人達と、そうでない私たち。

てっきり楽しみにしているお客さんのためだけにあるのだと思っていた私たち。

 

そういう少し切ない疎外感はもう昔に感じたので、手段としてのイベントと交流について言及したいわけではない。

もちろんその理由には、ここに誘われたという選民意識が過去の疎外感の私を慰めてくれたからということも含まれる。

(だけど“そういう人”として誘われたわけではない。あの中で女で“そういう人”つまり利害関係の関係者だった人っていたのだろうか)

 

「誰がいてもいいって感じですよね」

 

そんな感じだった。エスカレーターを降りたらもう店内で、地下のわりには天井が高く広めのカラオケ部屋と言った感じ。

みんなで飲みに行くと言われていたものの、実際は声をかけた人が最後に合流し、おそらく(私もそうだったけど)声がかかった人は個々にその店に移動し、店内ではそれぞれ特に知り合い同士ではない人が、各々の輪を作っていた。

その夜は誰かが誰かの知り合いで、そりゃオープンしたばっかだし、まだまだ知り合いしか足を運ばないだろう、だけど雑多な雰囲気で、気軽で、とりあえず場を提供してほしい人にちょうどいい店だった。

 

↓↓↓そんな、気軽に飲めるアットホームなバーがこちら↓↓↓

 

 

とURLを載せて宣伝したいわけではなくて。

バーテンダーが本気の酒を出すわけではない店、クラブとかライブハウスのバーカウンターを切り抜いて店にしたようなかしこまらない店。

そういう店が何のためにあるのか知った夜だった。

ビールを1杯飲んですぐ帰った。

 

こういうエッセイ調の食べログの口コミを目にしたことがあるよ。