日記

日記です

思い出した前の会社の女上司のこと

私が就職して5年目くらいか異動になりあまり忙しくない店舗に移った頃、そこにはその店舗に10年近くいる上司が二人いた。
人間関係が良好と聞いていたところだったし二人ともキツいタイプの人ではなかった。

が、その店舗の副店長的ポジションの40歳くらいの女上司は、ほんとうにだらしない人だった。

男の子が3人いるママでもあるのだがことあるごとに下の子が風邪でとか今度は上の子が、今度は私に移ってとたびたび仕事を休んでいた。

あまりに頻繁なのと月曜日が多かったので私には仮病にしか思えなかった。

それに子供が風邪を引いて学校を休むというのはわかるが、子供が落ち着きがないと学校の先生から申告があったらしく、それを受けて「じゃあ少し学校休ませようか」と相談して~と話していたのはびっくりした。
他人の子育てに口を挟む立場にないが(だから当人には何も言っていないが)、話のニュアンス的には子供の落ち着きのなさは大人で言う"疲れ"からきているので休んでリフレッシュさせてあげよう、と聞こえるのだ。
私には甘やかしてるとしか思えないし、休むという発想がわからない。
頭ごなしに叱るのも違うと思うが、お休みさせてあげるのも違うと思った。

この上司は休むし仕事も遅く、業務の質問をしても答えられないので仕事ができないし体調管理もできず私生活もだらしないという印象だった。

もうこうなってくると、この上司の全てが嫌になるもので、ある昼休みに一緒になったとき、すぐに絞って出せるホイップクリームのようなものを持ってきていて、聞くと余ったのをもってきたそうだ。私は何か子供の誕生日祝いにケーキでも作ったのかと推察したのだが、上司は得意気にこう言ったのだ。

「ほら、こういうのあると、子供が朝御飯食べないときでもロールパンに挟んであげると食べるでしょう」

朝食和食率が圧倒的に高い幼少期を過ごした私は言葉がなかった。

というか、この人はそういう人なのだろう。
他人にも寛容なのかもしれないが自分にも子供にも甘いのだ。彼女も太っているし旦那さんも子供もやや太っていた。

私が子供の頃、朝御飯を食べないと怒られて食べされられるかじゃあ喰うな!と一喝された。
しかしうちの親もあまりいい親とは言えず、過干渉気味で口うるさい親だったので、必ずしも我が家が正解ではないし怒られるのは嫌だった。

だけどロールパンにホイップクリームを挟んだ朝食が当たり前に出てくる家も嫌だ。
子供が食べないからと安易にホイップクリームを出してくる母親なんて嫌だ。

とはいえ他人の家の朝食に口を挟む立場にないので、私は私で納豆でも食べていればいいのだ。


私は家が遠いこともあり早く家に帰りたいタイプなので、いつも暇な日は早めに締めの準備をして、上司のところへ検査書類を持っていっていた。
しかしその上司は「そんな急がなくても大丈夫だよ~」何て言って一向に書類の検査をせず、どんどんたまっていった。

おそらく家に早く着きすぎないためなのだ。
上司の家はどちらかの両親と同居していて、6時までに帰らなければ"ばあちゃん"が晩御飯を作るらしいのだ。
だから仕事中もだらだらしてのろのろ帰って晩御飯は作らない算段だったのだろう。

こいつが家事を楽するために私が家に早く帰れないなんてありえない。

それにしょっちゅう難しい手続きに当たると「ちょっとかわってもらえる?」と私に押し付けて後ろに行っていた。
難しいっていったって、たいした業務でもないのにこいつにとっては難しかったのだろう。


そういう訳で、ホイップクリームも上司が太っていることも腹が立っていた。
それでも結婚して子をもうけて幸せなのだろうな。