日記

日記です

初夏の夕、恵比寿西口にて

ずっと手長海老のパスタを上手に食べる話だと思っていたら、本当はミラノ風カツレツだった。

手長海老はドラマの方か。それもたしかクリスマスなんかのスペシャルドラマだった気がする。本を読んだのは高校生の頃だと思う。

だけど手長海老が記憶に残っていたせいでタイトルも手長海老のパスタだと思いこんでいて、「冬の日、防衛庁にて」というタイトルにいまいちピンとこなかった。

江國香織の短編である。なんとなく都会的で洗練されていそうで、ふわっと洒落てる、そんなものにあこがれる女の子の読み物な気がしてきた。

 

きっと彼女は読まないだろう。

 

この短編との相違点は多々あるが、そもそも設定から大きく違う。

誰も不倫も浮気もしていない。

彼女とはこれが初対面ではない。

だけど彼女の方からゆっくり話をする時間を設けることを提案したことや、見かけに反して意外と可愛らしい食べ物を選ぶところ、とても素敵な人だったところは一致している。

 

「他にどんなバンド好きなんですか」の質問にはもしかして先月のことを知っているのだろうかと思ったが、そういうタイプには思えない。

むしろ、そうであった方がよかったかもしれない。網を張って計算高く犯人捜しをしている捜査官になってくれていた方が良かった。

 

俗っぽく、薄っぺらな印象にまとめてしまうことになりそうで嫌だけど、だけどまさに「100パーセントの女の子」だった。

 

実は彼女が誰なのかまだ明らかになっていなかった去年の夏、初めて新宿で見かけた時、そのお洒落さと可愛さに目が釘付けになって一目ぼれしていたのだ。

 

それは話してみても変わらず、本当に魅力のある素敵な女の子だった。

きっと会う人会う人を、こんな風に、新鮮で明るい気持ちにさせているのだろう。

 

こういう子って本当にいるんだ。

朝返し忘れてしまったというツタヤの袋を手に提げて現れた彼女のカバンは、必要なものしか入っていないようでとてもコンパクトで、それでも当然のように本を忍ばせていた。それも小難しそうな文学者だったか社会学者の対談の本。古い本に見えた。

私にはまったくの門外漢のジャンル。

 

自分の意見をはっきり言いながらも、相手を敬う印象を与える。

何か話したときの相槌や自分なりの言い換え、会話のある一言から映画のワンシーンを連想したり、少し変わった概念的な質問をしたりする。

 

その短編では、カツレツを美味しそうに食べ終えた本妻とは、その後会うことはなかったようであるが、私と彼女は今度は買い物に行こうという話になった。(どうなるかわからないけど)

主人公は、素敵で感じのいい凛とした本妻の爽やかな姿に、思いっきり涙してしまう。

その気持ちがよくわかる。