日記

日記です

頭で思ったことがそのまま口に

「告白」にはよく"思弁的"という言葉が出てくる。分厚い本でやっと300ページほど読んだがやっと1/3というところ。

その"思弁的"のせいで主人公は苦悩することが多く、主人公自身も、村の人々は思弁的とは真逆であって、頭で思ったことをそのまま口にできている、自分にはできないし、自分が思弁的なせいで言っていることが伝わらない、と度々コミュニケーションの壁にぶち当たっている。

思弁的でない、とはこういう感じ。

ちょー、お前じゃまだからそこどいて!
そんなとこ立ってたら通れない!

ここに悪意や含みもなく、頭でそう思ったから次の瞬間にはそう口に出すという感じ。

こういう人は多い気がするし、わかりやすいため"指示が上手"と受け取られることもあるし、わかりやすいため、"やる気がある"とか思われやすく、セルフイメージと世間のイメージのギャップも小さい気がする。

ラーメン屋のおやじとかのイメージ。この間いったカレーうどんの店の店主はまさにこれかと思われ、注文してすぐにお代を払う店の雰囲気だったため、カウンターに鞄をおいてお金を払うのを待っていたが、店主は作り始め、「そうか、出来上がってから品物と引き換えに払うのか」と思い立ったまま待っていたところ「立ったまま食べるんですか?!!」とピシャリといい放たれてしまった。
個人的には、こういう人には「うわっ、怒られた」と感じるので傷つけられる(勝手に傷ついた)ことが多い。当然今回も「怒られた」と感じた。

それでも、思ったことをそのまま口に出す人は、活発な性格からか人から好かれている気がするし、TVなんかでも思ったことを気軽に口に出す芸能人、さんまさんなど、ノリがよく言葉に裏がなく感じられ笑わせてくれる。

しかし、私はそのタイプではない気がする。
それでも、そうあろうと振る舞ったことが多々ある。思弁的とはおそらく内向的ぎみであり、内向的は暗く地味なのでコミュニティの中でイニシアティブを取れない。

しかし、頭で思ったことをそのまま口に出すこと、裏がないからといって"良いこと"みたいに言うのは単に同じような人たちによって暗黙の多数決が取られた結果に思う。

以前はやっていたが、もうやらない、と誓ったことがある。
「老けたな~~!笑」「太った?笑」「プッ、なんか、小学生みたいな格好」などである。
「やだー!そんなことなーいー!笑」
と、会話が盛り上がるが、やはり相手に通告してもなんの意味もないので、やはり潤滑油として「あっけらかんとした指摘(図星っwwwww)」みたいなことは辞めようと思った。

本気で心のそこから体調を心配して「太った?」と言っている訳ではないし、不毛な指摘であると判断した。
それでも、堅苦しくない、気さくでノリのいい人はデリカシーに抵触する発言を気軽に行うし、それはかなり日常のスタンダードな行いである。

それと、思弁的の話とは違うかもしれないが、以前、野宮真貴ちゃんの本が出たときのインタビューで、野宮さんは大人こそ赤い口紅をつけるべきだとオススメしていて「でも、勇気いりませんか?」と問われ、続けて勇気がいる理由として「「あれっ?今日どうしたの?!」とか言われそうで」と例を挙げると、
「あ~、私そういうのよくないと思う」
と、赤い口紅をつけてきたイメチェンに対して、それをしたことに対する過剰反応をするのは賛成できないということを言っていた。
そうだよな。と思った。それ、よくない、が普通でいいんだよね?と思った。

私はそんなこと言わないのに…と損した気持ちになることもあるし、言い負かしたくて応戦することもある。しかし"あっけらかんとした"人ではない私が言うと普通に失礼なマジな悪口となる。(気がする)

なぜ頭で思ったことが口に直結している人は、悪口や酷いdisと判断されないのだろうか。
その問題はいいとして、「なんか…太った?笑」という"みんなが思っててもなかなか言い出しにくいことを、脳で咀嚼するより先に口から出ちゃいました。だって本当のことだから"というアレ、二度とやらない面白いと思うこともやめようと思っている。