日記

日記です

ロンドン一人旅 2日目カートゥーン博物館

大英博物館にいるときからそうだったのだけど、コートを着ると暑いけど脱ぐと寒いという状態で、なんとなくべたべたした汗をかきながらコートを着ていた。

大英博物館ではひととおり鑑賞したし、おみやげも下見したので後で買いに来よう。
そしてガイドブックに乗っていた、近くにあるカートゥーン博物館に行くことにした。

漫画の博物館で、アメコミや風刺画が飾ってある。大英博物館が寄付で成り立っているのに対し、こちらは7£支払った。
一見ポストカードや本を売る店に見える店構えだか、その奥には漫画の原画が飾られていて、小規模ながらも漫画は文字が多いのでしっかり見ようと思えば時間がかかりそうだった。
閉館一時間前だったけど、以外と2、3人の人がいた。
海外のどこの店もだいたいそうだけど、ここも、常連なのか友達なのか店員さんは誰かとずっとしゃべっている。

なんとなくイギリスと皮肉の親和性が高いイメージがある。以前ラジオでピーター・バラカンさんがイギリス人なのでブラックジョークをいいがちで奥さんに引かれるといっており(あのバラカンさんが?!)、誰かゲストが来たときも英語でモンティ・パイソンの話をして盛り上がっていた。

そうしたイメージがあるので、ついついイギリスのコミックも皮肉に主軸を置いているように見てしまう。それに古い漫画だと、ペンで走りがきしたようなイラストが風刺画っぽく見えてしまう。
英語なので実際の内容がわからないのが残念。

f:id:umemekko:20180523171009j:plain

2階に行くとアメコミっぽい展示の他、普段は漫画の教室に使われていると思われる部屋などがあった。子供向けっぽかったけど、私も参加したい。

インスタやTwitterもある。

f:id:umemekko:20180523170522j:plain

バンクシーのポストカードとか買って帰りたかったけど、後で最終日とかに買おうと思い結局何も買わなかった。
そしてその後も結局行っていない。