日記

日記です

ペラい読み物は読まないようにしようと思った

ほぼ前回に関連する話なんだけど、「いいね」してくんじゃねーというモヤりを抱えていたところ、某国際スポーツ祭典の開会式でゲーム音楽が使われてそれなりに盛り上がっていたことに関し、その業界の方(知らなかったけどゲーム紹介サイトとか記事とか雑誌…

べつにいいけどうざいなと思った

べつに個人の自由なので全然いいんだけど、とりあえず合わないよなあと思った。 前にクソ(?)ラインをもらった人、その後1度リプライがあって、私はあのラインの最後スルーして既読無視なのに、なのにリプライ送ってこれんのすげえなと思ったんだけど、内容…

エッセイを読んでいつものやつを繰り返す結果に

仕事上?でもないけど半ばお義理で購入した本を読んだ。 サクサク読めるしところどころ笑えるエッセイだった。 外見だけみれば、また、仕事もあいまって、普通であればこんな人に悩みなんかないよなあと思うような人だったが、まるで私みたいな卑屈さがあっ…

ほしいものリスト

マンションを買う 週1でハウスキーパーさんを雇う 将来的に親は施設に入れるこれのためにがんばりたい

自尊心逆に削られ…

某イベントに行ってきた。 一昨日連絡いただいて、所謂ご招待枠で。 これか…よくロフト系列のとこいくと、後ろのほうで見るからに(だいたい一般客より身ぎれい・おしゃれなことが多い、あとだいたい一人で来る)関係者の人がいるやつ。 あれだ、あれになる…

2019年のスナックの思い出

そういえばたしか2年前の12月頃、某スナックに行った際にOさんに出くわした。 某スナックに行くとOさんが来る頻度は高いので、すなわちOさんにしてみれば、自分が行くときいつもいる女だと思う。 それ以外でも、某ライブや、さらに小規模な某ライブでも遭遇…

憧れの買い物をした

せっかくだから、何かデカい散財をしようと思った。 といっても、今現在特にほしいものがない。 パスザバトンが閉店セールをやっており、去年の冬くらいに気になっていたけど10万越えで買えるわけなかったコートも値引きしていたので試着したりしたがあま…

フォーリング・ダウンを観た

今日午後ローでマイケル・ダグラス主演の映画「フォーリング・ダウン」を観た。 観たといっても作業しながらだったので音だけ聞いていたという感じだが、すごくおもしろかった気がする。 主人公は半そでシャツにネクタイをしたサラリーマンで、渋滞にハマり…

意外と感慨がない

先日、正式に仕事として受け取るものとしては初めての原稿料が入った。 私にとっては、ある意味真の初任給である。 もっと感慨深いかと思ったが意外とそんなこともなかった。 前職の給料(翌月払いなのでちょうどよかった)が終わる頃だったので、結構ひやひ…

自分のために整備された道路を歩く

私のために石をどかして土を均して歩きやすいようにしてもらっているな、と思う。 スケジュールは会社の人が調整するし、もろもろの面倒な作業は基本受け身、時々作業しながら、私は作業だけやってればいいなんて、なんて贅沢なんだ!と思うことがある。 と…

久々のクソライン

久々にクソラインをもらった。 ちなみに最後にクソラインをもらっていたのは去年の11月だったが、今回は別の人。 もともと2年前の式典で1回面識がある程度で、しかもその時軽く挨拶しただけで会話らしい会話をした覚えがない。 立食パーティーだったが、あ…

芸術家にはなれない

今までもごくたまに美術館に行くことはあった。 その度に、気に入った色合いや構図や、説明書きを読んで背景などを知り、「そういうことか、それってつまり、こういうことがああいうことってことにも例えられるよね」と閃きつつも、同時に虚しさを感じていた…

賞入選の漫画読んだ

Twitterでバズってる?漫画読んだ。 私のTwitterはとてもよいのでバズった◯◯がTLに流れてくることは一切ない。 トレンドから見つけた。Twitterではフェミが喜びそうというコメントがついていたが、けっこう全体漂うミソジニーがすごかった。まず大前提として…

NYガールズ・ダイアリー を4話まで観た

「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」(原題: The Bold Type)を4話まで観たので感想。 NYに暮らす20代半ばの女子3人がファッション誌で働きつつ恋に仕事に奮闘する話。 ファッション誌ということもあり、服装もお洒落なのでSATCの若女子版という感…

タイ料理屋閉店してた

表参道のチャオバンブー1号店が閉店していた。 4月30日、世間はGW突入、私は退職してやるべきことを後回しにして最後の定期を漫喫しようと、定期圏内をふらふらしたのだが、特にすることもなく軽くおなかも空いたので食事にしようと思い立って、結局チャオ…

足を引っ張る

何かの記事で「日本人は足を引っ張る性格」というのを読んだ。 他の国に比べて他人の足の引っ張り合いをやるらしい。(それが経済成長を妨げる要因の一つで長年の不景気が回復しないことにつながっている…的な内容だったような) 何かを始めようとするときに…

模様替えをした

本当は引っ越したい。 冷静に考えてみれば実質現在無職が賃貸契約なんかできるわけないのだった。 それなりに本出したりしてる人でもフリーランスとかローン組めないみたいだし、マンション買いたいな…。 そういうわけで部屋の模様替えをしてみた。といって…

セルフチア部としての日記

そういうわけで、自分のことのように喜ぶ、人のいない私は来る未来に向けて自分を鼓舞する必要があるので、そうしたチア部として日記を書きモチベーションを上げることにする。 大学時代、H江さんという女子が「仕事って人生の大部分を占めるから、仕事が充…

ひとりで頑張ってる

ふと最近、とりあえず私はずっと嫌いだったことを辞められるんだけど、それってすごいことなんだけど、これに関して「自分のことのように喜ぶ」人はいないんだよね、と思った。 まるで自分のことのように喜んでくれる人、いないなあ、ってしみじみした。 も…

ルパン三世part5が頑張ってる

ネトフリで4月1日からルパン三世part5が配信されているので観てる。 テレビで深夜に放送されていた2018年当時も、頑張って起きて観てたのでいくつか覚えている話もあった。 先月はpart4をスマホをいじりながらだらだら観ていたけど、全然真面目に観てなかっ…

ロカンダに行った

ロカンダに行った。 と言っても、もともとこの店名を把握していたわけではない。 でもよく通る道にあるレストランなので、店の看板のロゴは瞬時に脳裏に浮かぶ。 先日の平日休み、なんとなくバンブーカフェ(チャオバンブーではない)のランチメニューを見た…

ブリジャートン家を観てる

ネトフリでブリジャートン家を観ている。 あまり歴史ものというか、日本でも海外でも時代劇に興味が無いのでスルーしていたブリジャートン家。 ドレスを着てお屋敷みたいなところに住んでいて、ピアノや読書、観劇が娯楽となっている時代が舞台。 今日は雨だ…

エヴァ観てきた

シン・エヴァンゲリオン観てきた。 エヴァンゲリヲンだったのが最後はエヴァンゲリオンにもどっているという考察も読んで、エヴァは考察読むまでがセットだなあと思いました。 とはいえ私は全然ファンと呼べるほど通じてないし、読み応えのない感想日記にな…

仕事に求めない

テレビ見てたらマツコが仕事を辞めたのは28歳の時と言っていた。 何か連載などを持っていたわけでもなかったけど自分を追い込むために辞めたらしい。 私も最初の転職は28歳の時だったことを思い出していた。 しかも私も転職活動を全くやっていなくて、とりあ…

時は満ちたり

うろ覚えだけど久保ミツロウがアシスタントとして上京する時、時は満ちたり、機は熟した的なことを心のどこかで思っていたらしい。 まだ地元で高校生くらいだったころに、賞に応募などしつつコミティアのような漫画即売のイベントに出ていて、そこで持ち込み…

やるべきことをやらなくちゃ

人間って不便だなと思う。 やるべきことをやっていなくてモヤモヤしながら日々を過ごし、取り掛かれば取り掛かったで予想よりも大幅に時間がかかり、疲れる。 終ったら終わったでやっと休日を漫喫できるんだけど、それも2週目にもなると何もしていないような…

花束みたいな恋をした 観た(追記あり)

サブカルカップルが出てくるというので、私がツイッターでフォローしてる人達などが話題にするし、友達にもすすめられたので観てきた。 CMで流れる予告しか知らなかった時は、普通の恋キュンものとか女が末期の何かで死ぬ話だろうと思ってスルーしていた。 …

そうえいば紅茶が好きだった後編

そうしてしばらく週末は、朝絶対にコーヒーを淹れて飲むという生活を維持していたが、ある時からだんだん飲まなくなる。 それはコーヒーに飽きた…のならよかったのだが、コーヒー豆を常備しておくのが難しくなったのだ。金銭的に。 普通、年を取るほどに給料…

そうえいば紅茶が好きだった前編

そういえば紅茶が好きだった。 紅茶が好きだと思ったのは小学生の頃、5年生か6年生だったと思う。 ただその頃は、家で通常出されるお茶が麦茶と煎茶だったので、たまに出てくるティーカップとティーポットが好きなだけだったと思う。 それでも小学校高学年と…

ちょっとした再会

イベントを観に行ったことがあり、それが縁でちょっと一緒に仕事(とまでは呼べないが)をした人と最近再会した。 というのも、ずっと前からその人を見たことがある…もしかして某ライブに来ていたことはないか?と思っており、某人に確認したところ、「来てい…