日記

日記です

自信の表れ

恋愛的な好意に近いものを、告白という手段以外でその対象に表明できるのは、やはり自分自身の(主に容姿に)自信があるからだろうと思う。

 

自分から寄せられる、より親密になりたいという欲求の発露を相手は疎ましく思わない、ゆえにそうした意思表示は何ら自分にとってマイナスの影響を与えないという確信がなければできない。

 

また、この自信は相対的なものであるだろう。

それは、この中では自分が最も容姿が優れている、または、相手の容姿に比べれば自分の容姿が(相手から見て)上である。

そうした優位性を確認できた時には、私でも発揮できる自信かもしれない。