日記

日記です

久々に仕事の愚痴を書く

とはいえ今の会社はストレスが無い。

びっくりするぐらいない。

20人そこそこのオフィスで、仕事は基本チャットでやりとり、すぐ隣の人とでもチャットでやるので、オフィスはシーンとしている。

みんな大人しく穏やかでとてもいい。

だから実際そこまで嫌なことも起きない。

私は入社2か月なんだけど、8月頭に新しい人が入ってきた。

多分20代くらいの男性で、この会社のカラーとも言えるような控えめで大人しくちょっとオタクっぽいような雰囲気。

オタクっぽいといってもドラマとかコントとかであからさまに揶揄されるような、喋るのが早くてカクカクした動きの人ではなく、中学生っぽい格好で派手さや快活さがないといったところ。

ちなみに、この会社は私服OKなので、ダサかろうがなんだろうが好きな格好するのがいいと思う。

会社用の服とかスーツとかダルすぎだし金の無駄。

 

そんなゆるふわオタク新人くんは、どうも日本語が苦手っぽい。

今の仕事はメールでのお問い合わせ対応、メール専門のコールセンターといったところなんだけど、そういうとこには経験者とか得意な人がくるのかと思っていたので、けっこうびっくりした。

 

例えば、新規の製品説明の問合せに対して、

導入検討中です。

Aはできますか?Bの機能はついてますか?○○として使いたいんですが可能ですか?

というものに、テンプレとして用意してある、「ここから新規登録できるのでまずは使ってみてください(意訳)」

のみで返していたりする。

 

えっ?それはさすがに冷たくないか…?と思って、この質問は答えてあげた上で、製品登録の案内をしてください、とチャットするのだが、そんなやりとりを5回近くやった。

そのうえ今もたまに同じ指摘をすることがある。

とはいえ入社してまだ1か月もたっていないのでしょうがないか、と思ったのだが、時おり本当に日本語として意味が通じない文章が散見される。

「○○だとできませんので、××していただくと設定がされるように出来るためと思われます。」とか「なので、○○をしてもらっても××なためできません。」とかだいぶくだけた敬語とか。

 

極めつけは今日、業務提携の相談に対して、「このURLから申し込みできます」という返答を作っていて、念のため送信前に私にチェックを回してきた。

しかしまず、その問いと回答のズレを見てほしい。

問:Aの販売はB提携を結ぶとできるようになりますか?(意訳)

新人回答:B提携のお申し込みはこちらからできます。URL(意訳)

 

まじでこの感じのずれた回答が毎日ある…。怒りというより心配になる。

生活に支障でないのかな。

 

今回、私はチャットで、「B提携の規約を読むとA販売はできない的な内容がかいてあるので、恐らくできないと思われますが、今××先輩に確認をとってるのでお待ちください。」という文と、B提携で使うテンプレにその注意事項が書いてあったので、例としてチャットに貼った。

 

で、先輩に確認したらできないということだったので、

「やはり、A販売はできないそうなので、その旨をお返しください。」

とチャットした。

数分後、たまたま私が画面をそのままにして別の作業をしていたら問い合わせ返信後画面に切り替わっていたのだが、なんとそこにはB提携のテンプレメールがそのまま全文貼られていたうえ、「できます」という回答もしていた。

 

ものすごくびっくりした。

そもそも、できない旨を回答して、と言っているし、しかも、テンプレ自体は「B提携お申込み時の手順案内」のテンプレなので、問合せの内容に合ってない。

問合せで聞かれているのは、B提携すればA販売できるか?であって、B提携するにはどうしたらいいか、ではない。

 

そこで思ったのが、私がチャットでB提携はできない、ではなくA販売はできない、と書いているので、そういう書き方だと伝わらないんだ…ということ。

 

で、「できない」という内容に修正して再送するようにチャットした。

そこで、修正例が送られてきたんだけど、そこにはいつも何かと「お断り」をするときの定型文が貼られていたのだが、定型文を貼るのはいいとしても内容がこれである。

「今後、搭載できるように開発元と共有します(意訳)」

 

え…????えっ??????

これは確かに「できません」を返す時にセットにしてる定型文なんだけど、これは機能にたいしてお断りする時の文章であって、今回みたいな業務提携はシステムの問題ではないことって、普通わかるもんなんじゃないの?

これは、たまたま私が苦じゃない仕事を今しているから、「普通わかる」と思うのか、逆に普通はこうなのか?

 

語彙力は思考力とよく聞くけど、それが本当だとしたらこの文章で考え事しているということなのか。

だとすると、考えがまとまらなくて大変そう。

と思った出来事だった。